ご挨拶

特定非営利活動法人 富山県日中友好協会 会長 金尾雅行
 富山県日中友好協会は、日中両国の友好交流を通じて相互理解を深め、日本とアジアさらに世界の平和と繁栄を目指し、友好の一点を価値観として共有した国際親善・友好団体として1953年5月に設立されました。ここ50数年来、各市町村の日中友好協会(地区協会)と連携をとりながら、機関紙の発行、中国展の開催等の相互理解促進事業、友好交流団の相互派遣等の友好交流事業、中国語スピーチコンテスト等の語学普及事業等を実施してまいりました。他方、(社)日本中国友好協会の加盟団体として日中両国の友好促進のための諸活動にも参画・協力してまいりました。
 日中両国は、一衣帯水にして2千余年のわたる友好交流の歴史有しています。特に、近年、経済面では、相互依存関係はかってないほど緊密になっており、お互いに相手の国なくしては自国の発展はありえないところまで来ています。日中両国は、経済面ばかりでなく、国際政治のうえでもお互いに力を合わせて、アジア延いては世界の平和と繁栄のために尽力することが求められています。我々としても、民間外交・民間交流の担い手として進めてきた活動を一層活発にし、両国の相互理解と友好親善の促進に貢献しなければなりません。
 このため、2006年4月、特定非営利活動法人富山県日中友好協会を設立し、爾来、法人とし法律行為の主体として行動をすることによって社会的信用を高め、富山県日中友好協会から引き継いだ事業を一層充実すべく、両国の相互理解と友好親善のための活動を続けております。
 今後とも、私どもの活動に対し一層のご理解とご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
pagetop